· 

ホテルカデンツァ東京さんとのちょっと不思議なご縁

8月7日、無事に終演致しました。お越しくださった方々本当にありがとうございました。

この素晴らしい思い出を記憶が確かなうちに振り返ってみたいと思います。お付き合いください。

 

10ヶ月以上前の2020年10月、東京ストピ旅企画で15年以上の付き合いであるKマネ君とホテルカデンツァに置いてある水盤上のピアノを演奏しに行きました。

当時は企画の最後の場所としてグランドピアノがふさわしい、そんな簡単な理由で行きました。

温かく迎えてくださったホテルカデンツァ光が丘の皆様、本当に感謝です。動画にしているので見て下さいね。

当時はまだ名称変更前でカデンツァ光が丘でした。

そこから始まったこのちょっと不思議なご縁。今でも覚えているのが総支配人の一言、「ご縁がありますから大切にしていきましょう」。ご縁を大切にするって素敵な言葉ですよね。

当時のyoutube channel登録者数は658人。ユーチューバーとしてではなく、ピアニストとして迎えてくださったのはとても嬉しいことでした。

Kマネ君との東京ストピ旅は無事に終わり、次の日にウィーンへと飛んだのでした。

その後、ウィーンに帰ってから卒業試験に向けて練習に励み、YouTube活動も精力的に頑張りました。そして無事に1月卒業試験を終えたタイミングでKマネ君と話題に上がったのが、「カデンツァさんでリサイタルさせてくれないか聞いてみようか」。人生の大事なシーンの言葉は結構はっきりと覚えているものですね。当時の登録者数は2123人。そこからKマネ君のアドバイスを受けつつ、リサイタルプレゼン企画書を作成。(プレゼン資料はインスタにでも載せようかな)

今ではもう企画書やプレゼン、打ち合わせは慣れてきましたが、ピアノ以外やったことのない人生、全てが初めてなので沢山戸惑いました。それでもやりたいことを実現するために、皆様が喜んでもらえる企画を、の一心で頑張ったのを覚えています。

てなわけで、ZOOMにてプレゼン。総支配人からGOサイン、実現に向けて動き出しました。

たくおん側はKマネ、たくおんの2名、チームカデンツァ側は3名、合計5人で進めていくことになったのです。

照明、スイーツ付き、映像、主にこの3点が僕のやりたいことの主軸でした。

 

しかしここから様々なにぶち当たっていくこととなります。。

まずは照明については当初、自分達で作り上げるお手製の照明を考えていました。しかしそれでは何らかの問題が起きた時に対処しづらい、とのことでプロに頼むこととなりました。ここで大きな問題が、、そう、予算です。照明会社さんに見積もりを出してもらったところ大幅にオーバー、、。どうしようか、と悩んでいたところ、カデンツァさんが協賛会社を見つけてきてくれたのです。本当ホワイトナイトですね。当時一報を聞いた時飛び跳ねたのを覚えています。嬉しかったなぁ。そして照明については僕に一任してもらい照明会社とたくおんでの打ち合わせもたくさんしました。問題だったのが時差ですね。笑 日本時間15時にZOOM会議だとウィーンでは朝7時ですから笑 眠い目を擦りながら頑張ったのは良い思い出です笑

照明については解決。ホッとしていた時に緊急事態発令。。。感染対策の面から飲食は控えようとのこととなりお持ち帰りに。当初はテーブルを置いてのコンサートの予定でしたがテーブルを撤去し、十分なスペースを確保。カデンツァさんの感染対策は完璧で隅々まで配慮して下さいました。流石の一言です。

とまぁ、少し一部分を書くだけでこんなにも、、、笑

開催に向けてどれだけの人数と熱意と時間とかけてきたのかわかりません。それぐらいすごいことでした。

 

ですので-ちょっと不思議なご縁-から無事に開催でき成功したことを誇らしくさえ思います。

そしてまず何よりお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

僕は今回の経験を通じて大きな糧となったことがあります。

それはコンサート開催の裏側を知れたことです。通常ピアニストはコンサート依頼があった場合演奏して終わりなので裏側を知ることはありません。ただ今回僕は幸せなことに裏側を知ることができました。そして膨大な仕事量、開催に向けての熱意、色々なものを経験できました。

ピアニストという職業はお客様がいて成り立つ職業だと肝に銘じて生きてきましたが、今回開催してくださる人に対してもそう思うようになりました。

 

ですので今回学んだことは

 

ピアニストとはお客様と主催してくださる方々がいて成り立つ職業

 

ということです。

 

これから先の長い音楽人生、肝に銘じて生きていきたいと思います。

そしてこれからも石井琢磨を、たくおんを、末長く応援してくだされば嬉しいです。

 

長い文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

皆様体調には気をつけて下さいね。

 

石井琢磨

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 9
  • #1

    ayanomatumoto (火曜日, 10 8月 2021 06:26)

    カデンツァでの石井さんの演奏、CDの音色、ブログ更新、トリプル感動しています❣
    もっともっと書いてください。本番のこと、お客様の印象など聞きたいです。
    暑い日々です。東京公演、徳島での公演を控え、体調を崩さないようになさってくださいね。
    ピアニスト 石井琢磨さんの、コンチェルトを聴く機会を得られることを、願っています。

  • #2

    naokoishibashi5 (火曜日, 10 8月 2021 16:02)

    常に学んでいる姿がすごいなと思いました。最初スイーツは持ち帰りじゃなかったのですね。でも涙できっとしょっぱくなってるだろうし、かぶりつきで見ているからきっと食べるどころではないだろうし、休憩時間もきっと放心状態だし、結果的にはよかったかも。お土産付きなんて、素敵な心遣い、おもてなしだな~と思っていました。まるで(よくクリスマスとかにホテルでする)ゴージャスなディナーコンサートのような、はたまたアットホームで親密なサロンコンサートのような。本当に企画・実現お疲れさまでした。これからも私たちにたくさんの夢を見させてください。

  • #3

    umiminsorarin (水曜日, 11 8月 2021 11:14)

    釜飯のおばさんです(笑)。
    前日からカデンツァさんにスタンバイしました。素敵なリサイタルでした。ファンを大切にしてくださっていることが伝わる会でした。スタッフの皆様の対応も、とても丁寧でした。
    水盤上のピアノを弾かれたときのYouTube登録者数658人…。きちんと記録なさってるんですね。その前前からのファンですが、最近の爆発的なバズりで、他のコンサートはチケット取れませんでした�。カデンツァさんのリサイタルに伺えて、ラッキーでした。
    ウィーンの日本の行き来も大変な時代ですが、体調にはお気を付けて、これからも精力的に演奏活動をなさってください。演奏以外の取り組みを経験された琢磨さん。ますます素敵なリサイタル、コンサート、YouTubeを発信してくださると思います。応援しています。

  • #4

    みゅー (木曜日, 12 8月 2021 15:25)

    今回のリサイタル、琢磨さんは初めての企画だったんですね。
    実はカデンツァのリサイタルが、私にとって初クラシックコンサートでした。(他にも初めてのこと色々)
    この企画のゆるっと裏話配信お聞きしたいです。

  • #5

    さな (木曜日, 12 8月 2021 17:00)

    「ご縁」は私が最も大切にしている言葉であり、今回のリサイタルに伺えたのも何か不思議な力が働いてのことと思っています。
    たくおんさんのリサイタルへの強い思い入れを感じてはいたけど、こうしていつもより長い文章で細かく伝えてくださってより思いが伝わりました。
    そしてその場に立ち会えたことは私の一生の宝だと思っています。
    たくおんさんに出会えたこと、カデンツァでのリサイタルに無事伺えたこと、コロナが蔓延している中で何事もなく帰って来れたこと(2泊3日はさすがにドキドキでした)。全てが奇跡だと思っていますし、今でも夢じゃないかとさえ思ってます。
    終演後にも驚くようなご縁があり、たくおんさんがカデンツァさんと繋いだご縁が私にまでほんの少し繋がったような、そんな気がしてます。
    これからはリサイタルをセルフプロデュースするような、新しいタイプのクラシックピアニストさんになりそうですね。たくおんさんにワクワクしながら、ずっと一緒に夢を見ていきたいです。

  • #6

    chiyo (木曜日, 12 8月 2021 18:52)

    ホテルカデンツァでのコンサートのご成功、本当におめでとうございます!
    企画から当日まで、大変なご苦労があったことは察していましたが、こうしてたくまさんの文章で、その想いを知ることができ嬉しいです。
    偶然に思えるようなご縁も、そこに繋がるそれまでの道のりがあったからこそで、たくまさんが誠実に音楽と向き合って努力されてきた結果だと思います。
    また、せっかくご縁があっても、それを長く繋いでいくのはまた別で、もちろんたくまさんのお人柄や熱意、YouTuberとしての注目度の高さなど色々ありますが、何よりも、あのストピ旅ラストの演奏が素晴らしかったこと、これが一番だと思います。ピアノニストとしての実力の高さ、技術だけではない人々を魅了するあの音色…、そんなピアノニストたくまさんだからこそ、今回のコンサートの実現に繋がったんだと思います。
    本当にお疲れさまでした!
    私も豊田でのコンサートに奇跡のようなご縁があったこと、本当に幸せでした。
    またどこかで演奏が聴けるその日まで、誠実に頑張りたいです。いつもありがとうございます。

  • #7

    あんじゅ (金曜日, 13 8月 2021 05:36)

    素敵な企画、ありがとうございます。

    たくおんさん、リサイタルの成功
    おめでとうございます。

    宿泊プランやスイーツとのコラボ、
    CD購入者はたくおんさんから
    直接手渡しと言う
    至れり尽くせりの夢の様な企画でしたね。

    コロナが落ち着いたら、
    又この様な企画を立ててくださいね。

  • #8

    Maha (水曜日, 18 8月 2021 04:25)

    少し時間が経ちました。

    8月7日のホテルでのコンサート無事に終えて本当に良かったですね。この難しい中、コンサートの成功心よりお喜び申し上げ。
    正直、前日まで中止にならないかと不安な気持ちで新幹線に乗りました。コンサートを実行して頂いて、感謝の気持ちでいっぱいでした。

    たく音さんの思い出の記憶をゆっくり読ませて頂きました。発案から当日迄のたく音さんの素直で実直な思いを知ることが出来て嬉しかったです。 私の記憶を少し残しますが、
    ストピ旅の支配人さんの  ご縁がありますから大切にしていきましょう  の言葉ずっと鮮明に残っていました。コンサートがあると根拠のない自信があったのを良く覚えています。 ご縁を大切にとても素敵な言葉です。 たく音さんとの出会いは私にとって素晴らしいご縁と思っています。これからいつまでも大切に、応援致します。
     緊急事態宣言の中大変のご苦労が
    あったことと察していました。  心配性なおばあさんなのでたく音さんの体調がとても心配でした。
    私はアナログ人間なので電話での申し込みは有り難かったです。
     来年のコンサートのお知らせとっても嬉しいです。  これからいろいろ、益々お忙しくなられると思います。 どうぞ無理をされない様にウィーンでの石井琢磨さんの変わらない日常生活を大切になさって下さい。  健康には充分お気をつけ下さいね。�

  • #9

    大竹千香子 (日曜日, 22 8月 2021 12:07)

    ブログが更新されたことに、気がつかず、ごめんなさい。。
    今回のブログも、そうですが、琢磨さんのブログを読むと、いつも、胸が熱くなります(涙)
    琢磨さんの大変な努力の上に成り立った、リサイタルに行けて、本当に幸せです。
    いまさらですが、琢磨さんのことを知ったのは、去年ウィーンでテロがあった時のツイートでした。当時、YouTubeやストピに、まったく興味がなかったので、琢磨さんのYouTubeチャンネルを観なかったことが、悔やまれます。
    琢磨さんのファンとしては、新参者ですが、その分、何倍もの熱い想いで、応援させていただきますね。