· 

一人が好き、一人になりたいって言う奴。

2012年に大学の卒業式も出席せずにウィーンにたどり着いた日、−14度でした。今でも忘れないぐらい寒かったことを覚えています。

ドイツ語は少しは日本でやっていたとはいえやはり現地で通用せず、週5で語学学校に通いウィーン国立音大の入試準備のために練習する日々。

一人、【孤独】というものを初めて経験しました。どこに言っても言葉は通じず、友達もおらず、今死んでも誰も気づかないんだろうなぁと思う日々。

 

僕はそれまで一人の時間がどっちかというと好きなタイプでした。好きというよりは大切にしていたという表現が近いかもしれません。

当時ウィーンでクソ寒い中それがいかに幸せだったかということに気付きました。

なぜ一人になりたいかというと、それは周りに、暖かく、時にはうるさい人たちに囲まれているからなんです。日本にいた時は本当騒がしいほど人に囲まれていたし、自分も望んでその場に行っていたような気がします。

 

でも人は言葉も通じず友達も家族もいないとこにいくと【人を感じたい】と切に願います。

今まで生意気に一人にの時間が好きとか、一人になりたいだとか、よく思っていたなぁと。【幸せって当たり前になってはいけないんだな】と。ウィーンに留学してすぐに学んだことでした。そしてその後少し成長した石井琢磨はウィーンの師匠から【孤独を愛す】ということ学ぶことになります。その話はまた今度。

 

人に優しく自分に厳しく、そうありたいです。

 

 石井琢磨

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    デイジーはな (日曜日, 04 10月 2020)

    深いなー。確かにそうですね。
    周りに愛してくれる方がいる安心感があるからですよね。
    またウィーンに行かれても頑張ってくださいね。応援してます。
    阿南のコンサートチケット買いました
    間に合うように頑張って向かいますね!