· 

万感

スーパー忙しかった日々がやっと落ち着きました。

先日6歳の可愛い姪っ子がウィーンに来襲。まだ幼いのにすでに海外は2度目。とっても良い経験をしていると思います。子供と遊ぶのは本当に楽しく忘れていた童心を蘇らせてくれます。音楽を奏でるうえで大切かもしれませんね。ハンガリーにも行きリスト博物館も見学しました。博物館は写真OKだったのでまたインスタにでも載せます。(写真はハンガリーでの一コマとウィーンのある教会で姪っ子と)

北京で演奏会があったのでついでに日本に少し立ち寄ろうと一緒に日本にへ。フライト一時間前に母方の祖父が逝ったと連絡が。。夏に父方の祖父が亡くなったので今年はつらい年です。。羽田国際空港に着いてそのまま徳島へ。お通夜お葬式は滞りなく執り行われ、祖父はとても立派な方だったので新聞にも載りました。そのまま北京へ飛びプロジェクトの打ち合わせと演奏会をこなし羽田から深夜便でウィーンへ。大変な日々でしたが機内では時間が有り余っているので、ゆっくり祖父の事を思い出し涙。本当に立派な人でした。

別れは続くものなのかと寂しい思いでいっぱいです。これから演奏会で弾くときは祖父が耳を傾けてくれていると信じ真摯に音楽と向き合っていきたいです。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    りん (水曜日, 15 6月 2022 21:35)

    ああ、、それは悲しいことが続いてしまいましたね。大丈夫でしたか?

    ちかしい人とのお別れはなぜ続くのでしょうかね、、
    ちかしくて愛情が深いから、彼らは残る人たちの心のいたみが少しでも薄れるように麻痺させるようにしてくれているのかな…。

    すみません。勝手なことを述べてしまいました。同じ頃に私も続けてのお別れがあり思い出してしまいました。

    心の中にはいますからね☺️
    生き方を微笑んでみていてもらえるようにがんばろ(*´-`)